コンセプト

アイヌ人が畏敬の念を込めて「インカルシペ(いつも眺めるところ)」と呼んでいた藻岩山の中腹に 2000年12月 藻岩シャローム教会は世界三大聖堂の一つであり英国王室ゆかりの教会 ロンドンのウェストミンスター寺院をはじめ セント・ポール大聖堂など、世界の名だたるキリスト教会の司祭が祝福のメッセージを寄せる中、厳かに開堂した。

キリストが最初に奇跡を起こした土地「カナ」から名付けられたレストランは、二人のみならず大切なゲストの笑顔を見守り続け、厳選素材とシェフの感性が織り成す至高のメニューは招かれたゲストにとって忘れられない感動のもてなしとなる。

専属の牧師と聖歌隊によるセレモニーは、神聖でありながら懐の深さを感じさせる挙式を行い、聖堂はセレモニーを単なる儀式ではなく、列席者全ての心と五感に響く至福の瞬間へと昇華させる。

ヘブライ語で「心安らかに過ごす、平安」という意味を持つシャロームと名付けられた教会は、藻岩の原生林の中に神聖な誓いの場として存在する。

ページの先頭へ

(c)2000- MOIWA Shalom Church